格安航空券にまつわる時間を知ろう

よく晴れた空

格安航空券にまつわる時間を知ろう

あなたは、格安航空券で飛行機に乗ったことはありますか。すでに体験済みの人もいれば、まだないと言う人も多いでしょう。
もしも、利用できるのであればぜひとも、1度は利用してほしいものです。
そんな格安航空会社ですが、実はいろいろと時間が関係しています。時間についても知ると、格安航空会社の特徴も見えてくるでしょう。

格安航空会社の方が待機しない

デフォルメの飛行機
空港に行くと、滑走路や搭乗待ちをする飛行機をよく見かけます。
今だと格安航空会社の飛行機で、結構カラフルになっていて、見るのも楽しいでしょう。始めてみる格安航空会社だとどこかななんて興味も湧いてくるでしょう。
そんな格安航空会社の飛行機ですが、実は待機する時間が大手のANAやJALより短いと知っていましたか。
理由としてはまず、稼働率をあげて、お客さんをたくさん運んで利益をあげようとしています。
どうしても大手のANAやJALより小型の飛行機となるので、稼働アップが求められるのです。
それと実は飛行場に長く待機していると、実はそれだけでも待機の代金がかかり、コストがアップするのです。
ですので、待機の時間が減ってくるのです。

乗り遅れの人は待たない

大手のANAやJALだと定刻になっても、飛ばなくて何でだろうと思っていたら、お客さんが駆け込んできたなんて光景みたことありませんか。
あれはチェックインした人の搭乗を定刻が過ぎても待っていると言うことです。
迷惑にも感じますが、大手のANAやJALではあれもサービスのひとつなのでしょう。
ところが、格安航空会社の場合にもしも同じようにチェックインしたとしても、搭乗するのが遅れた場合には待つことはほとんどしません。
やはり先にあげた稼働率をあげたいために遅らせないということです。
特にチェックインも指定の時間を過ぎれば、その場にいても受付しないなど、かなり厳しいです。
大手のANAやJALよりも時間には厳しいので気を付けましょう。

それでも大手のANAやJALよりも遅れてしまう?

搭乗については厳しくて遅れないのですが、その一方で天候や整備等の理由から遅れるケースでは、大手のANAやJALよりも遅れやすいことがはっきりしています。
というのも定時航空率というランキング調査で、格安航空会社が遅れやすいと結果が出ています。
わずかな差ではあるのですが、どうしても時間を守る必要があるときには、格安航空会社の利用は考えた方がいいでしょう。
このようにさまざまな時間やその特徴が、格安航空券の裏には隠れていました。これらも踏まえて購入するようにしましょう。

Similar Posts:

    None Found

▲PAGE TOP

Copyright(C)2017格安航空券を使う前に、知っておきたい基礎的知識All Rights Reserved.