格安航空券で乗る飛行機の機内の様子は?

よく晴れた空

格安航空券で乗る飛行機の機内の様子は?

飛行機に乗るのも普段なかなか乗れませんから、楽しみにしたり、わくわくするなんて人も多いでしょう。中には離陸時や着陸時が怖いなんて人もいたりします。さまざまな思いで飛行機にも乗っているでしょう。
そんな飛行機も格安航空券で乗ることが可能です。でも、そんな安く乗れる飛行機の機内ってどうなっているのでしょうか。

座席間に一番の特徴が

少し狭い座席
やはり格安航空会社の飛行機の畿内で、最大の特徴と言えば、座席間でしょう。
座席の間が大手のANAやJALと比べても、狭くなっています。これは、少ない運行でもたくさんの人を運ぶことで利益をあげたり、コストを下げるためです。これによっても、航空チケットの料金の値下げに繋がっているのです。
座席自体は皮張りにしているところが多いです。そうすることで、実は清掃の手間を少なくできるというメリットがあります。少し固いので人によっては座り心地がよくないと感じるかもしれません。
まな座席間が狭いため、足を組むことは大人の男性では厳しいでしょう。170センチ越えてくると、少し辛いという声も増えてきます。
女性だとまだ少しは余裕がありそうです。

機内設備はバラバラ

赤ん坊
そして機内設備も、格安航空会社によってバラバラです。モニタやオーディオといった設備が全くないところもあります。
その一方できちんと用意していて、今飛行機がどの位置を飛んでいるかもモニタで確認できるところもあります。
モニタなどないことを考えると、機内でひまにならないように本など持ち込んだり、睡眠で過ごし方がいいかもしれません。
また毛布などについては用意しているので、CAに頼んでみるといいでしょう。
なお、トイレなどには赤ちゃんのためのおしめ交換台などは用意されているので、赤ちゃんと乗っても安心です。
また収納については機体自体がそれほど大きくないため、少し狭めとなっています。また座席間も狭いので足元に置くのも少し厳しいです。早めに乗った人から収納棚に荷物を入れていくと、すぐに詰まっていき、自分がおいたときには座席から離れているなんてこともありえます。
なるべくは、大手のANAやJALのように機内持ち込みの荷物を手軽に持ち込むのではなく、なるべく預けて減らした方がいいでしょう。
乗り降りもその方がスムーズにいきやすいです。

機内販売はしている

格安航空会社でも機内販売はしていますが、少し高いのではとの声も聞こえてきます。
格安航空券で乗れるのですから、機内については不満が出やすくても、少しの我慢は必要と言えるでしょう。

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP

Copyright(C)2017格安航空券を使う前に、知っておきたい基礎的知識All Rights Reserved.