格安航空券を使う前に、知っておきたい基礎的知識

よく晴れた空

更新情報

格安航空券の搭乗の方法を知ろう

これまでは、飛行機は大手のANAやJALがメインでした。しかし、格安航空会社が登場し、格安航空券で飛行機に乗れるようになりました。
その結果、私たちの飛行機の選択しも増えて、かつ運賃も抑えられるので、より旅を楽しむことができるようになりました。
それも格安航空会社のおかげです。
ここでは、そんな格安航空会社の飛行機の搭乗のやり方や気を付けることを見ていきましょう。

チェックインで気を付けることとは

まず空港へついてからは、受付カウンターでチェックインとなります。
ところが飛行場によっては、この受付カウンターがすぐに見当たらないこともあります。
空港の端にあったり、目立たなかったりすることもあるので、ピーチを使うなら何番のターミナル、スカイマークなら何番、と事前に利用する航空会社にあわせて場所をしっかり確認しておきましょう。
またターミナルが複数あるとき、航路によって変わることもあります。
同じ格安航空会社でも、航路まで気にして受付カウンターをチェックしましょう。
あと、大手のANAやJALと自動チェックイン機が同じものが使えるケースもあります。
事前に知っておくとスムーズにチェックインもできるでしょう。
あと事前にWebでのチェックインも可能です。
格安航空会社のホームページからチェックしましょう。

荷物は大きさが計られる

旅行鞄
チェックインも終わればそのあとは荷物を預けることとなります。
この際に荷物の大きさもチェックされます。
そして、規定のサイズを越えていれば、追加料金となり、支払いとなります。
また重さのチェックも行われます。
10キロを目安に追加料金が発生します。
あらかじめ越えるときには、スマホやパソコンからホームページでオプションを追加して予約して、重さの追加料金も払っておくと、空港で払うよりも安くなります。

荷物を預けるのが終われば、あとは搭乗口へ移動です。
受付カウンターから遠くなるケースもあるので、早めに空港へついて、チェックインもしておきましょう。
その途中で保安検査場で検査があります。このときも手荷物の検査をしてからとなります。
出発の時間の10分~15分前が通過締め切り時刻となるので、気を付けましょう。

優先順位で搭乗する

あとは定刻になれば、いよいよ搭乗です。
このときも子ども連れの家族や高齢者などから優先しての搭乗となります。
大手のANAやJALと変わるのは、チェックインや荷物の検査、追加料金の支払いなどのところでしょう。
あとは時間を守るところはこれまで通りです。格安航空券で乗れるとはいえ、逆に時間は厳しくなります。
空港では、早め早めの行動を心がけましょう。

▲PAGE TOP

Copyright(C)2017格安航空券を使う前に、知っておきたい基礎的知識All Rights Reserved.